相模原市ごみDE71大作戦「牛乳パックでグリーティングカードを作ろう」出展 報告
 

1.日 時    :

2019年3月30日(土)、10:00~15:00


2.場 所    :

アリオ橋本 アクアガーデン

3.報 告    :


 相模原市では、1人1日あたり100gの家庭ごみの減量を目標に 「相模原ごみDE71大作戦」を進めています。その一環として、同市資源循環推進課主催のキャンペーンに毎年、全国牛乳パックの再利用を考える連絡会と連携して啓発活動を行っております。今回は商業施設のアリオ橋本にて、エコワークショップを開催しました。
 午前中は曇り空でしたが、午後からは日差しも出てきて、家族連れのお客様が次々に来場しました。広い会場には使用済み紙パックとボックスティッシュの交換コーナー、手すきによるグリーティングカード作りコーナー、クイズコーナー、牛乳を飲んで手開き体験コーナーを配置し、全て体験される方が数多くいらっしゃいました。
 使用済み紙パックは、12組の方々が179枚もお持ちくださいました。また、紙パックのパルプを原料にしたグリーテイングカード作りに152名、飲み終えた牛乳パックの手開き体験に138名、パネル説明とクイズに127名の参加者となり、大変盛況となりました。相模原市の分別戦隊シゲンジャー“ペーパーピンク”も、写真撮影に応じてお客様と交流していました。
 クイズや体験などを通してお客様とお話をするなかで、「紙パックだけをまとめて回収拠点に出す」「注ぎ口つき紙パックも簡単に開くことができ、注ぎ口部分もハサミなどを使わなくても取れる」ことをお伝えすると、「そうだったんですか」「どのように分別したらよいかわからず、購入したことがなかった」など、まだまだ必要なことを十分にお伝えできていないことを実感するご意見をいただきました。今後の啓発活動の課題にしたいと考えます。
 2018年度、そして平成最後のイベントが無事に終了しました。2019年度も多くのお客様とのふれ合いを通して、紙パックリサイクルについてお伝えしていきたいと思います。
親子でクイズに挑戦 分別戦隊シゲンジャーの「ペーパーピンク」


 
► お問い合わせ&MAP  ► リンク集  ► サイトマップ ►このページのトップへ